体力,気力,ときどき知力

情報系HPC大学院生の日頃のメモなど.intel CPU, SIMD, AVX, vim, Linux,簡単なことから書きはじめてみたBlog

nfsのキャッシュをローカルHDDに取る

うちはnfsを使ってhomeフォルダを各ユーザごとにマウントすることで,マシンが変わっても環境が変わらないようにしているんだけど,いろんな人が同時に触るとちょっと回線に負荷がかかって困る.

そこで,各マシンのローカルHDDにキャッシュを取ることにした.

 

使ったのはcachefilesdなるもの.取り敢えずfedora16に入れた.

CentOSとfedora16,18でyumで入れられることは確認済

 

1.ソフトのインストール

yum install -y cachefilesd

 

2.configの編集 (dirは/home/hpcl以下"以外"で.2-4はお好みで.)

vim /etc/cachefilesd.conf

1) dir キャッシュの作成先(dfコマンドでディスク使用量を確認するとよい)

2) brun 空き容量がこれ以上なら通常動作

3) bcull 空き容量がこれ以下ならキャッシュを間引く

4) bstop 空き容量がこれ以下ならキャッシュをやめる

 

3.サーバ接続設定にオプションを追加

vim /etc/fstab

 

nfsの行にfscオプションを追記

例:192.168.1.1:/home nfs auto,fsc,soft 0 0

 

4.ソフトの起動

chkconfig cachefilesd on

service cachefilesd start

 

5.再起動

 

6.確認

1)キャッシュの作成先を辿って行くと@04みたいなファイルがある

2) cat /proc/fs/nfsfs/volumesのFSCがyesになっている

 

(1),(2)がOKなら問題なし!